自動車が欲しいと思ったきっかけとは

私が自動車を欲しいと思ったきっかけというのはある事件でした。

それは彼女に自動車も持ってないのは何か頼りないと言われたことです。このままでは彼女にふられるんじゃないかと思い車を買おうと思ったのです。

こういう話をすると必ず一定数馬鹿にする人がいるんですが車がなくて彼女を失うのは悲しくないでしょうか?そういう人はどうせ彼女もいなんだろうなって思うんですよね。彼女がいれば心強いことも多いですし、楽しいですよね。

さてそんな感じで車を買おうと思ったのですがどうも高いので引いてしまいた。

軽自動車は逆効果だ

軽自動車って良いなって思う反面女子受けは最悪だということが分かりました。正直、軽自動車で十分なのにどうして要らないことを言う人がいるんでしょうか。軽自動車だってデートに行けるのになっていう。

それでも何か気にかかるので軽自動車は取りやめにすることにしましたね。中古車なら100万円を切る車が多くあるのに残念なことです。繰り返しになりますが軽自動車をディスるのはヤメて欲しいですね。

普通車は高いです?

普通車ともなると新しいのは高いです。新車だと相談しましたが総額では200万円では収まらないそうです。小さい車なら収まる車もあるということですがグレードも低く、軽自動車とどう違うんだというくらいの小さい車ばかりでした。

そんなことでもっと良い車にしようと思ったところ新車なら280万円くらいだね~などと言われてお金が足りなくて困りました。彼女に聞いてみるとそういう車の方が良いけど無理をするのは止めた方が良いという冷静な話をされて、まあそうだよなっていうところです。

ちなみに車を買うと言ったら割りと好感触でそれじゃ、今度はどこに行こうかなどと旅行を計画する感じにもなっています。本当に買うことが確定したような思いですね。これで買わないとなるとブーイングですし更に立場が悪くなるなというところです。

ここでデカイ車を買ったら男が上がって旅行も自分で全部出したら更に立場が逆転できるのにな~と思いつつ、それは無理だということが分かっていますので諦めましたねそれは。

それから2年後の話

そこから実は2年後の話です。実はその彼女と結婚をして子供も生まれて…という報告をしたいところですが、そうもいきませんでした。

実は車も2年以上悩んだ挙句その結果どうなったのかと言えばまだ買っていません。

そろそろ自動車の運転の仕方も覚えていませんし今では助手席に乗っています。

ココらへんでまさに無様な人間だと思われそうですが、どうも車を買う勇気が出ませんでした。その代わりに彼女が実家の車を貰ったそうでそれで自分も乗せてもらっています。最近では旅行も彼女の運転で行きましたし、助手席で爆睡して最高でした。

そろそろ彼女に捨てられるのかもしれませんが、お金がかからなくて最高でしたね。ぶっちゃけお金を使いたくないので全部彼女にやってもらっています。運転も自動車も彼女持ちで自分は何もしていません。もちろんヒモではなくて仕事はちゃんとしていますね。そういう自分を彼女がどう思っているのかと言えば、そろそろ倦怠期で別れたいのかもしれません。

でも何となく別れることができないでいるという感じでもう何かずっといる夫婦みたいで終わってるのかもしれませんね。これって良いことなのか悪いことなのかさっぱりわからないのでどうしたら良いのか分かりません。

ただ自分の感覚ではこのままズルズルいって結婚しても良いことはなさそうだし、別れて新しい人生をお互いに歩んでいくことが正しいような気がしてならないのですね。しかしそこまで本気で向かい合う勇気は2人にはなく、今日も何となく付き合っているということなのです。それってやっぱり長年の夫婦みたいで僕らの関係は終わっているのかもしれません。

提携サイト

車買取 大分